新着情報
kabuku Cloud

IT導入補助金2021において経産省より「IT導入支援事業者」に認定、最大で75万円(導入費用の2/3)の補助金の交付が受けられます。

弊社が提供するクラウド加工原価見積りサービス「Cost PRO(コストプロ)」がIT導入補助金の対象ツールとして採択され、IT導入補助金2021を申請いただけるようになりました。

オンライン図面シェアリングサービス「図面コミュニケーション」を合わせて導入いただくと、導入費用の2/3(最大で756,000円)の補助を受けることが可能です。

 

 

IT導入補助金とは

IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等の皆様が、自社の課題やニーズに合ったITツールの導入にかかる経費の一部を補助することで、業務効率化・売上アップをサポートするものです。

対象事業者の皆様は、IT導入補助金事務局の審査を通過することで補助を受けることができます。

 

補助金対象となる方

新たに「Cost PRO(コストプロ)」を導入検討される、中小企業・小規模事業者の皆様

※既に導入されているお客様、または交付申請前に契約・導入されるお客様は対象外となりますので、ご注意ください。

募集期間や申請方法について、条件がございます。

詳細は以下の弊社特設ページよりご確認ください。

https://saas.kabuku.io/ithojokin/

 

クラウド加工原価見積りサービス「Cost PRO(コストプロ)」とは

クラウド加工原価見積りサービス「Cost PRO(コストプロ)」は、貴社専用の見積パラメーターを設定することで、図面の基本的な読み方をご存じの方であればどなたでも、熟練の見積担当者・技能者の算出する見積りのように、製造プロセスに沿った精度の高い見積りを簡単に算出できるサービスです。

図面をアップロードいただくと、図面に記載されている加工範囲をAIが自動で認識し、見積業務をサポートします。

 

本サービスは、以下のような課題をお持ちの方を対象としています。

・熟練の技能者、見積担当者が退職予定で、見積ができる人材をすぐに育成したい

・熟練の技能者、見積担当者の蓄積してきたノウハウを効率的に引き継ぎたい

・人手不足で見積業務に手が回らず、失注の原因となっている

・見積時と実製造時に生じているコスト・時間の差を分析したい

 

 

オンライン図面シェアリングサービス「図面コミュニケーション」とは

オンライン図面シェアリングサービス「図面コミュニケーション」は、サービス上に図面(.pdf, .png, .jpg, .bmp)をアップロードし、任意のゲストを招待することで、オンライン上で全員が1つの図面に書き込みを行うことができるサービスです。

書き込みはリアルタイムで反映され、書き込んだ内容をPDFファイルとしてダウンロードすることができます。

本サービスは、以下のような目的でご利用になる方を対象としています。

・社内の技術・製造部門と営業部門など、部門や場所を超えて図面への依頼・確認事項を伝達したい

・取引先工場へ依頼した図面に追加指示や変更を行いたい

・一度に複数の相手に図面内容の確認や指示を正確に伝達したい