図面コミュニケーション活用例

図面のやり取りだけじゃない!
図面コミュニケーションは他の業務効率化にもお使いいただけます。

Kabuku Cloud


01

リモートワーク中の会議資料として活用する

これまでのオンライン会議では画面を共有するのは1人だけ。
議事録の内容が抜けてしまったことはありませんか?

図面コミュニケーションでは複数枚のPDFファイルにも対応しています。

事前に参加者を招待しておけば、会議中に資料をリアルタイムに更新しながその場で参加者がPDFの中にメモをしたりすることができます。

参加者がそれぞれ離れた場所からオンライン会議に参加するときに、ホワイトボードのように使うこともできるため、全員が同じ画面を操作しながら、会議を円滑に進めることができます。

Kabuku Cloud


02

社内での書類確認ツールとして活用する

稟議書や見積書、客先提案書......

社内での確認書類は数多く、書類が差し戻しになることは日常茶飯事。
差し戻しの度に印刷、修正箇所を手書きで書き込み、再度スキャンしてメールしている。

図面コミュニケーションを使えば印刷、再度スキャンの手間がなくなります。

訂正箇所の履歴確認機能の活用でエビデンス管理としてもお使いいただけるので、書類の承認作業を円滑に進めることができます。